安心してお洒落を楽しむために!カラコンの注意点とは?

正しい使い方を知っておこう

手軽に黒目を大きく見せられるので、おしゃれアイテムとして人気が高いカラーコンタクトレンズ。しかし目に異物を入れているということを忘れてはいけません。手軽ですが、使い方を間違えると思わぬトラブルを引き起こしてしまうこともあるのです。カラコンは通常のコンタクトレンズよりも酸素透過性が低いものが多いので、装着時間は注意を払いましょう。家にいる間は外しておくなど、目の負担を減らすようにすることが大切です。また、外したら専用の液でしっかりケアすることも必要です。

友達との貸し借りは厳禁!

おしゃれアイテム故についつい扱いが雑になりがちですが、カラーコンタクトレンズはれっきとした医療機器。丁寧な扱いがもとめられるのは言うまでもありません。使い捨てレンズを、もったいないから、と使用期限を越えて使うのはやめておきましょう。また、友達との間で貸し借りを行うのも厳禁です。目の中に直接入れるものですから、他人との共有はトラブルの元になります。下手をすると感染症の危険性も出てくるので、貸し借りは絶対禁止です。

定期的に眼科健診を!

カラーコンタクトレンズを、インターネットや雑貨屋さんで購入して使っているという人は多くいます。しかし冷静になって考えてみるとこれは怖いことです。コンタクトレンズは医療機器、つまりお医者さんの診察を受けずに自己流で医療機器を使っているということなのですから。自分の目にあっていないコンタクトレンズは、さまざまなトラブルを引き起こします。カラコンを使う際は、必ず眼科を受診するようにしましょう。その後特にトラブルがなくても、定期的に眼科を受診することも必要です。

カラコンとは、カラーコンタクトレンズの略称です。様々な色やデザインが施されており、視力矯正の他にファッションアイテムとしても使用されています。